大雪の日記


一昨日、22日、関東甲信全般にわたり大雪に見舞われました。当然に松本も大雪に。22日は昼からその日の夜まで降っていました。そんな時のことを少し綴ってみます。

そもそも、松本は雪が多いのか、というと実はそんなことはありません。もちろん、東京とか名古屋とかと比べると多いのかもしれませんが、四方山に囲まれているので、思ったほどには雪は降らず、長野市のような北信地域や白馬・大町と比べると少ないようです。とはいえ、年に2~3回程度に大雪にみまわれることがあり、その時は大変なようです。

今回は、割と遠くのお客さんのところに出かけていったので、運転は大変でした。普段は、40~50km/hくらいで運転しているところが、雪の時だと30~40km/hくらいの速度になります。雪が降ると道路が滑りやすくなるので、いくらスタッドレスタイヤをはいていたとしても、ビュンビュン飛ばすわけにはいきません。そうすると、車の流れが悪くなり、ところどころ渋滞し、交通が滞ることになります。これで事故でもあればさらに時間がかかります。

あと、吹雪くと視界が悪くなることに加え、普段、運転している風景とは見え方が異なるので、少し迷いやすくなります。また、道路の境目がわかりにくくなるので、側溝にはまったり、畑に落ちてしまったりします。

そんなこんなで雪に降られると大変です。今回は、運転のことを中心に書きましたが、次は別のことも書いてみます。

二重生活/松本