料理の上達方法


私の趣味は「料理」ということになっております。そのため、ここでは、少し料理の上達法みたいなものを書いてみます。

料理の本を買って作ってみる

やっぱり、料理が上手になるためには、料理の本を買って、それにできる限り忠実に作るのが一番だと思います。また、選ぶ料理の本も、「30分で出来る料理」のようにパパッと系や「おもてなしの料理」というじっくり系でもなく、「家庭料理」「料理の基本」といったものを買い、基礎を学んだほうがいいでしょう。

料理教室に通う

強制的に料理を学ぶ機会を作るには料理教室に通ってみることもおすすめです。料理教室は基礎的なことを教えてくれるところから、難しい料理を学ぶところまで幅広くあります。そこで、自分のレベルにあったところを選ぶことが重要です。また、料理教室の場合、分担して作ることが多いため、教室が終わった後できちんと復習したほうがいいでしょう。

できる限り毎日作る

仕事等で時間が料理の時間が取れなくなるときはあるでしょう。ただ、なるべく料理は続けるようにしましょう。例えば、繁忙期がある人であれば、その時期は外食にするけれど、そうでない時期は作るようにする、などメリハリをつけて継続させることが大切です。一回、離れてしまうと、習慣を復活させることは大変です。

片づけに慣れる

料理が続かない人に理由を聞くと「片づけが面倒だ」ということがあります。確かに面倒くさいのですが、できる限りこまめにして、ためないようにするのがコツです。いったん溜めてしまうと、ますます面倒になり、ますますたまっていき、料理をするのが嫌になるという悪循環にはまる可能性があります。そのため、こまめに、できれば料理の中で時間が空いたときにでも、片づけをすることがコツとなります。

まとめ

料理を上達するには「学ぶこと」「実践すること」の2つが大切になります。つまり、学ばず実践をしても我流のものしかできず、他方、学んでばかりで実践しないと、身にはつきません。

—————————————————————————————————————-

【編集後記】

昨日は、早めに帰ってこれたので、料理を作って、その後、近くの銭湯でのんびりしてきました。

 

 

 

料理/食