2人で飲みにいってみよう!~差し飲みはげに面白きかな


僕は2人でサシで飲むこと、結構、多かったりもします。男性とでも、女性とでも2人で飲む、ということ、非常に楽しいものです。性別的に男性と飲むことのほうが多いのですが。そこで、その面白さ、について考察してみます。

話が深まりやすい

2人だと話のネタを見つけるのが非常に容易です。これが、人数が増えると共通の話題を探さなくてはならなくなります。共通の話題となると誰も知っている話題、となってしまいがちです。ニュースの話、ドラマの話、近所の噂話、話が表層的になりがちです。

ところが、2人で飲むと、共通の話題がみつかりやすくなります。それはそう、なぜなら2人しかいないので、調整はしやすい。そうなると、共通の話題のうち、最も話したい話題というものを選ぶようになります。そうなると、お互いが興味があることを話せるため、内容が非常に深くなります。

酒が入ると、

酒が入ると、話が円滑となりやすくなります。2人で、ということであれば、ランチもお茶でもできるかと思います。あえて、酒を飲むということのメリットを挙げるとすると、お酒が入るとリラックスして緊張がほぐれるようになります。そうすると、普段は固くて自分の意見を言い合えないような場合であっても、お酒が入ると色々といいやすくなります。つまりは、普段より面白い話し合いになることが想定されるでしょう。

もちろん、お酒が入ると、遠慮がなくなったり、飲み過ぎてぐだぐだになってしまうことも起こりえます。そこは気を付けつつ、愉快にのむようにしましょう。

会場選びが容易に

2人だと会場の選択肢が広がります。まず、食べ物の好みがあわせやすい。例えば、辛い物を食べにいきたいという場合、集団の場合はちょっと選択しにくい。なぜなら、辛いのが苦手な人がいるとその時点で選択肢から外れてしまうから。また、店のサイズとしても大人数だと入りにくい場合もあります。2人だったり、ほぼどこでも入れます。また、予約なしでも2人だったら比較的入れるでしょう。

まとめ

というわけで、2人で飲む、ということは非常に楽しいです。僕もなんやかやでサシ飲みはよく仕掛けています。普段グループで会っている人(家族、友達、同僚等)であっても、グループから離れてそれぞれと飲みにいくようにすれば、それはそれで、その人の意外な一面が見れるかもしれません。

 

 

 

料理/食