あまりため込まず、物を回転させよう


生活をしていると、物がどんどん溜まっていってしまいます。まあ、とっておくか、処分するか、悩むことになります。このあたりの折り合いのつけ方を考えてみました。

やっぱり、ほっておくとものはどんどん増えます。服が好きな人であれば、持っている服の数が増えてしまう、ということもあるでしょう。僕の場合は、結構、本を読むので本はどんどんたまります。そうすると置くスペースがなくなってきます。

まずは、処分するところから考えます。あまりピンとこない本や、普通な本、というのは、どんどん処分します。本だと、ブックオフの宅配買取を使うと結構楽なので、それを使ってどんどんと本を処分します。服を処分する段になっても同じ、書類の処分も同じでまずはできる限り捨てていきます。

どうしても、捨てきれない、という場合だけ、置く場所を増やします。そうすると収納スペースが増えるので、捨てずにものをとっておくことができるようになります。

この時のポイントは捨てることを優先すること。置く場所ができると、物がどんどん増えていき、結局、増設したスペースも早晩に埋まってしまいます。なので、本だったら本棚、服だったらワードローブを予め決めておき、そこからはみ出したものは捨てる、という習慣をつけたほうが楽です。

捨ててしまった時に、「あー、やっぱ捨てなきゃよかった。」と思うときもあるでしょう。つい、「使うかもしれない。」と思いとっておきがちですが、それこそがものがたまってしまう考え方となります。名さえわかれば、買いなおすことも可能なので、勇気をもってどんどん捨てていくことが大切です。

人間は生活をしていくと、物はたまります。収納スペースからはみ出すようになったら、ものをどんどん処分しましょう。収納スペースを増やす、ということもできますが、それは最後の手段にしておいたほうがいいのではと。

人生のコツ/趣味