イタリア街歩き記⑳~サンタンジェロ城/テベレ川を見てそして帰国へ


さて、バチカン博物館を見終え、ほっと一息。もう少し時間があるので、サンタンジェロ城とその周辺を歩くことにします。

サンタンジェロ城、これは、バチカン博物館から徒歩で10分程度くらいにあるところです。ここも、一応、観光の名所、ということにはなっており、地球の歩き方にもきちんと掲載されています。とはいえ、サンピエトロ寺院、バチカン博物館と比べると、知名度がなく、こちらのほうは基本的に空いています。この城の外観はこんな感じです。

ここは、屋上まで登れるようになっており、ここからだと、ローマ市内を一望とはいえないまでも、上から見ることができます。もちろん、近くにある、サンピエトロ寺院なんかも見れます。

ここは、城として作られているので、あまり、絵画、彫刻の類はないのですが、一応、天井には絵がかかれている個所もあります。その他、小さな博物館があり、武器やらなにやらが展示されていた記憶があります。

城を出てから、地下鉄のレパント駅までテベレ川沿いを歩くことにします。テベレ川はこんな感じです。一応、川沿いに遊歩道があるのですが、道路から遊歩道までの高さが結構半端なく、とても長い階段を上がり下がりする必要があるので、残念ながら断念。写真だと、川のすぐ際に細い線が見えますが、それが遊歩道です。

その道中で、最高裁判所がありました。さすが、古都ローマ、現在使われている施設についても、古く壮麗で趣がある建物になっています。

そして、テベレ川沿いにレパント駅を目指します。が、これは、結構歩く距離があり、ローマの灼熱の日差しを浴びたのですでにへろへろになりながら歩きました。ちょうど、お昼どき、腹もぺこぺこです。で、ようやくレパント駅が見えると少しほっとします。このあたりは、閑静な住宅街な様相を呈しており、特に観光地っぽい雰囲気もなく、お店も見当たりません。

ここで、いったん、地下鉄でテルミニ駅に戻り、テルミニ駅付近で食事をしていったんホテルに戻ります。そこで、ホテルで一休みし、宿の近くをうろちょろしますが、やっぱり暑くてホテルにもどっちゃいました….。そして、時間になったので、ホテルを出て、テルミニ駅に向かい、レオナルドエクスプレスでフィウチミーノ空港につき、お土産を買い、飛行機に乗り、上海経由で帰国の途につきます。

これで、一通り、イタリアの旅は終わりです。とはいえ、街の様子等、もうしばらく旅行記自体は書き続けることにします。

海外事情/語学