会計の種類 – 財務会計と管理会計

Pocket

「会計」といった場合にはいくつかの種類に分けることができます。

まずは、「財務会計」と「管理会計」といった分け方をします。

財務会計は、企業の外部者、例えば、株主、債権者、取引先、投資家等を報告対象としております。このように、財務会計は企業外部者を報告対象としているため、万人にとって内容を理解することができるとともに、他の企業との比較可能性を担保していることが必要となります。そのため、財務会計については、様々なルールがあります。

他方、管理会計は、企業内部の経営管理のためのものであり、企業の内部者を報告対象としております。、つまり、企業外部者に対しては特に報告しません。そのため、企業内の人だけがわかればよい、ということになり、特にルールはありません。

このように財務会計と管理会計は報告対象が異なるため、その目的、作成方法、ルールが異なることになります。

最後までブログをお読みいただきありがとうございます。

会計/税務/監査