自信の持つポジティブフィードバック作用と、それをどうやって生み出すか?

Pocket

自信を持つ、ということの重要性はよく論じられるところです。自信を持つことにより、物事がうまく進むようになる、ということもありますよね。そんな自信の持ち方について少し考えてみました。

自信を持つ、というのは、ポジティブフィードバックが発生し、に自分の行動及び成否に関連します。ここでいう、ポジティブフィードバックとは、均衡点に収束するのではなく、どんどん、均衡から離れていく、ということは意味します。

自信についていうと、自分が自信を持って取り組めることについては、どんどん、取り組むこととができます。自分として自信を持っているので、やっていることもうまくいくし、たまにうまくいかなくても、立ち直理も早いです。そうやって、行動を重ねると、上達もし、さらに自信を深めている、ということになるでしょう。逆に、自信がないことについては、やらないし、やっても自信なくやっていると、方法について疑心暗鬼になってしまいます。すると、うまくいかず、自信を失ってしまう、もしくは、一切やらないため、そこから全く身動きができない、ということもあるでしょう。

では、自信をどう持つのか。一つは実績によるところがあります。実績を積み重ねればそれに比例して自信も高くなるでしょう。実績がない場合は?その場合、なかなか難しいのですが、一つは自分自身に自信を持つこと。「やれば、できる。」というやつですね。それと、根拠のない自信を持つ、というのも重要です。とある書籍の中で、「なんでそんなに自信があるの。根拠はなんなの?」「根拠なんかないですよー。根拠がなくなれば自信もなくなるじゃないですかー。」というやりとりがあり、なるほどなー、と納得した覚えがあります。やりすぎは、慢心につながるのですが、一つ参考になるかもしれません。

ということで、自信を持つ、と物事はうまくなるのですが、「では、どう自信を持つのか。」というのはなかなか難しい課題です。とはいえ、全てのことに自信を持つ必要はなく、自信がないものはやりすごす、という選択肢もあってもいいかともおもいます。

人生のコツ/趣味