車を乗るときには、「焦り」という感情は避けておきたい

Pocket

車を乗るとき、どんな気持ちで乗っていますか。この、乗っているときに持っている感情が、運転に影響を及ぼします。そんな感情論と対処の方法を考えてみました。

一番、避けておきたいのは、焦る、ということ。例えば、待ち合わせの時間に間に合わない、、、といったこと。しかし、焦ると、道を急ぐあまり、若干運転が雑になります。いつもよりスピードを出したり、無理に割り込もうとしてしまったり。なので、焦り、という感情はなるべく持たないようにしましょう。

具体的には、待ち合わせがあれば時間に間に合うように十分に時間をとる、とか、遅れそうになったら、適宜停車していったん相手に電話しておき、ある程度ゆとりを持っていく、なんてことが考えられます。いずれにしろ、「焦り」という感情をもたないことが大切です。

この他、怒り、悲しみ、興奮、疲れ、といった感情もスムースな運転を阻害します。運転するときは常に穏やかな心で運転に専念できる、という精神状態でいたいものです。

人生のコツ/趣味