クリスマスよりバレンタインより、誕生日を大切にしたい

Pocket

世の中、大勢の人で共有されるイベントや記念日ごとがいくつかあります。そういうときは世の中は盛り上がり、その流れに乗りたくなってしまいます。ただ、個人的には世の中にあるイベントや記念日より、個人としての記念日のほうを大切にしたい、と思います。

クリスマスやバレンタインのような、いかにも世の中が盛り上がるイベント、ありますよね。最近なんかはハロウィーンなんかも人気が出てくるようになり、その時期になると仮装して歩き回る人も出てきました。そういったイベントや記念日的なものに乗る、というのは楽しいものです。

とはいえ、僕としてはそういうみんなの記念日、みたいな日より、むしろ誕生日のようにその個人としての記念日を大切にしたい。クリスマスだからといって、必ずしもその時みんながみんな祝いたい気分ではないでしょう。それにまた、ケーキ屋さんやレストランのようにそのときがかき入れ時でとてもじゃないが祝っている場合じゃない、ということもあるかもしれません。

個人的には、誕生日のように「その人」に特有な記念日を祝いたい。別に誕生日だけではなくて、夫婦であれば結婚記念日ということもあるでしょう。そういった記念日のほうが、世間の流行や動きに影響されず、落ち着いて祝えるということがあるのかなと。祝われる人にとっても、共通的なイベントよりもその人固有の記念日を祝ってもらったほが嬉しいのかと。

というわけで、自分としては各人共有の記念日より、各個人固有の記念日を祝うようにできればなー、なんて考えています。

人生のコツ/趣味