バーゲンやセールでまとめ買いをする時の注意点

Pocket

バーゲンやセールの時は、当然に、普段の価格より安くものが買えます。一見、お得のように見える、このバーゲンやセール、気を付けないと逆に損をすることになります。

落とし穴、ずばり、必要のないものを買ってしまうこと、です。普段より価格が安くなっていると、「これ安い~。これも買う~。」なんて、ばんすか物を買ってしまいます。で、冷静になってみると、「あまり、必要なかったかな~。」と、後悔してしまう、ということもあるかもしれません。特に生鮮食料品はすぐ悪くなるので、かい過ぎて結局捨ててしまう、なんてことも、起こってしまいますよね。

もう一つは、安く買ったものに価値を感じにくくなってしまう、ということです。特に、ある程度値がはるものについては、買う前に吟味をし、悩みながら、買うと決めた時には、買う、という行為をとります。そういう、買う前の悩み/躊躇が買った後にそのものを大切にしようという気を起こさせます。その気分そのものが、買ったものに価値を感じさせ、大切に扱うようになります。ですが、安く買ったもの、衝動的に買ったものについては価値を感じさせず、買ったはいいがあまりちゃんと使わない、ということもあるでしょう。

一時に大量に買うことにより、消化しきれない、ということもあるでしょう。通信教育の教材や本なんかを買いまくると、買ったときはアドレナリンが大量放出されているので、「これ、やったるで~。」なんて、思ったりもしています。ただ、熱量が冷めると、積んである量にうんざりしてしまって、詰ん読に終わる、となってしまうこともあるでしょう。実は、地道に一つずつ買い揃え、一つずつじっくりこなしていったほうが、結果として、消化できる、ということもあります。大量購入により積ん読は定価購入でも起こりうる話ですが、セールやバーゲンのほうが起こりやすいので気を付けたいところです。

これまで、つらつらとセールやバーゲンでものを買ったときの問題点をあげました。僕自身、セールやバーゲンに否定的か、と言うと必ずしもそうではありません。うまく使えば経済的には得をしますし、また、セールやバーゲンにより普段では買わない(買えない)ものへの出会いの契機ということはあるかもしれません。なので、上にあげたことに注意しながら、うまく、バーゲンやセールを活用する、というのがより人生を豊かに生きるためのコツ、と言えることでしょう。

人生のコツ/趣味