冬の朝は綱引きのようなごたる

Pocket

冬の朝、綱引きをしているような感じです。別に、綱引きで体を温めよう、ということではありません。そんなことをつらつらと書いていきます。

冬の朝の綱引き、そう、「もう起きないと。」、「寒くて布団から出たくない。」の葛藤です。冬の朝は寒くて、起きるのがなかなか大変なもの。平日の朝はまだしも、休日の朝はなかなか起きだすのが難しい。寒くてそれをどう克服するか、です。

一つは、ストーブにタイマーを付ける。そうすると、起きる頃にはそれなりに部屋は温まっているはずです。とはいえ、ピタッと、時間通りにタイマーを設定するのは、時として難しく、あまり早い時間にストーブが稼働しはじめるとうるさかったりのどが渇いたりしますよね。

そういう場合は、目覚ましを2つセットしておいて、最初の目覚ましでストーブを付けてすぐに寝床に戻る。部屋が温まるまでうとうとして、もう1回別の目覚ましでおきる、というのもあります。これだと、最初の目覚ましで布団から出るのは結構大変ですが、また、布団に戻れるので、意外と悪くありません。

なかなか、大変な冬の朝の綱引き、色々と工夫してすんなり起きれるよう工夫したいものです。

人生のコツ/趣味