イタリア街歩き記⑧~ベネチア観光開始!

Pocket

さて、イタリア3日目、いよいよ、本格的にベネチア観光に乗り出します。まずは、午前中は、元首官邸とサンマルコ寺院へ。ここが、ベネチア観光の目玉、いよいよワクワクしますね。

朝一は元首官邸へ。ここは、ベネチア共和国の元首が住んでいたとされる、ベネチア共和国の政治の中心です。基本このあたりは混み合う、というので、朝一でくることに。元首官邸は8時から、サンマルコ寺院は9時45分から開くということで、一番最初が元首官邸から、となりました。

たしか、7時半頃にはついていたでしょうか。このあたりの時間だと、まだ、人も少ないです。とはいえ、8時までの開館が近づくについて、人が増え、行列がでてきます。列は、個人で切符を持っていない人、個人で切符を持っている人、団体の3つがありました。やっぱり、団体優遇がされているようで、団体から入っていきます。ちなみに、ここから入った団体さんは日本人の団体が3組。やっぱり、日本人は勤勉(?)だなー、と思った瞬間。

中はこんな感じ。天井や壁には有名な絵画がたくさんあります。外国からの要人も迎えているので、それなりな威容を備えている必要があったのでしょう。朝早く、人が少なかったので、じっくりと内部を見れたのが快適でした。

さて、次はサンマルコ寺院。元首官邸を出たのが、9:30頃、ちょうどいい感じかなー、と思ったのですが、外に出てみると、この行列。

基本行列嫌いなので、もう見ないでいいかな、、とも思いつつも、一応ここがベネチア観光のハイライトなので、行列に並ぶことに。でも、思ったより早く行列が流れ、だいたい、30分くらいで中に入れました。基本、イタリアの観光地はフラッシュをたかないかぎり、写真OKなところが多いのですが、ここはそういうわけにいかず、写真をとってはいけないようなので、自粛することに。

さて、サンマルコ寺院を見たら、今度は鐘楼へ。ですが、鐘楼はサンマルコ広場にある鐘楼よりも、その向かい側にあるサンジョルジョマジョーレ寺院の鐘楼のほうが、空いていていい、ということなので、そちらに行くことに。たしかに、サンマルコ広場にある鐘楼は結構人の列ができていました。

サンジョルジョマジョーレは小さな島にある寺院で、サンマルコ広場からヴァポレットで一駅、大体5分くらいのところにあるので、そこに行くことにします。左側にあるのが寺院でさらに、とんがった感じの建物が鐘楼です。

さて、いよいよ対岸に渡り、サンジョルジョマジョーレ寺院へと向かいます。

 

 

 

海外事情/語学