冷凍うどんの喜び

Pocket

ブログをお読みいただきありがとうございます。

前回までは、自炊の楽しみ、ということで自炊の方法についていくつか書いてきました。今回は、視点を変えて、実際、どのような食材が好きか、ということについてしばらく書かせていただきます。

まずは「冷凍うどん」ですね。わたしの冷凍庫の中に冷凍うどんが入ってない日はほとんどありません(たまに買い忘れているとないこともあるのですが)。それは、冷凍うどんは以下のような理由で非常に使いがってがいいからです。

まずは、長持ちする、ことです。冷凍うどんは冷凍食品なだけにかなり長い間保存できます。そのため、冷凍庫にいれておけば、あまり期限を気にせずに使うことができます。

次に、調理時間がかからない、ということがあげられます。今、冷凍庫にあるうどんですと、調理時間はゆでた場合は1分、電子レンジ(500W)の場合は4分となっています。これなら、結構、短い時間で調理できます。

さらには、意外とおいしく用途が豊富です。かなり、こしがあるので、そのままゆでて食べても結構いけます。また、冷凍うどんは用途が多様で、ふつうにかけうどん、ざるうどん、焼うどん、カレーうどん等に使えます。また、鍋の後に、冷凍うどんをほうりこんでも結構おいしいです。さらには、ゆでてしょうゆ、生卵、ねぎをかけると簡単ぶっかけうどんになります。朝、時間がないときにはよの朝ご飯はよくこの簡単ぶっかけうどんを食べます。

というわけで、冷凍うどん、かなり使い勝手がいいです。みなさまも是非是非冷凍うどんを買って冷凍庫にほうりこんでおいてください。

料理/食