東北ボランティアツアー~町の様子

Pocket

さて、引き続き、東北ボランティアツアーの様子を。

今回は、南三陸町と気仙沼を訪れてきました。そこで、思ったのが、「全然、復興していないな~」ということです。がれきの山はなくなっています。崩壊した建物も一部を除いてなくなっています。ただ、被災した場所は、平地にはなっているだけで、プレハブの建物がところどころ立っているだけで、なにもありません、、。昔は街並みや人の営みがあったことを考えると、その水準には全然もどっていません。

他方は、被災地に対する世間の関心は、というと、だいぶ薄くなっているようです。新聞でも時折見かけるものの、あまり記事をみることはありません。また、ボランティアに来る人も以前よりだいぶ少なくなっているようです。もちろん、友人との会話でも地震の話をすることは、ほとんどありません。自分自身もここに来る前には、もっと復興しているものだ、と思っていました。

友人がいうには、福島のように自分たちの生活にかかわってくることはまだ関心を持っている(とはいっても、こちらもだいぶ関心はうすれつつある)ものの、東北のほうの関心が薄れるのは、自分たちの生活にあまりかかわってこないからではないか、、といっておりました。また、日々の生活を一生懸命生きていかないといけないので、そこまで意識を回すが余裕もない、ということもあると思います。

自分もこれから日々を生きていかないといけないので、なかなか、東北に意識を回せなくなるかもしれません。ただ、時折は今回のことを思い出し、少しでも意識を東北に向けていくことができれば、と考えております。

最後までブログをお読みいただきありがとうございます。

人生のコツ/趣味