自炊の楽しみ(3) ~平日編

Pocket

ブログをお読みいただきありがとうございます。

引き続き「自炊の楽しみ」ということで平日(ここでは夕食を想定)にどのように自炊をするのか、ということをとりあげます。まず、平日だと、仕事が終わってからの支度となるため、いかに手早く料理をするかというところがポイントとなります。それには以下の方法があります。

まずは、手早くできる料理を作る、ということです。例えば、炒め物、サラダ、おひたし、一人鍋といったものは比較的短時間で作ることができます。また、本屋には「15分で料理する本」、「一人暮らあしのための料理」といった、短時間で簡単に作ることができる料理を紹介した本がたくさん売っています。そういったものを参考にしてみるとよいでしょう。

その次に、残りものをうまく利用する、といったこともあります。例えば、冷凍してあるカレーを使ってカレーうどんを作る、肉じゃがを卵を入れて卵とじ風にする、焼き魚のあまりをほぐしてチャーハンに入れる、といったことがあります。残りものに一手間加えると、目先が変わって飽きずにすむかと思います。

さらには、出来合いのものを利用する、ことも考えられます。例えば、主菜は作るが副菜はコンビニで買う、とか、作り置きの常備菜を使う、野菜や豆腐を単に切って副菜とする、などがあげられます。うまく、出来合いのものを活用できるとその分料理をする時間を短くすることができます。

以上が料理を手早く作るためのコツになるかとは思いますが、みなさまもコツがありましたら是非教えてください。

次回は休日編となります。

料理/食