資金運用どんな感じでしていますか~総論編

ある程度お金がたまってくると資金運用をしたくなることがあります。そんな時、どんなことに注意すればいいか、考えてみました。

一番注意したいことは、あくまでも余裕資金で行う、ということでしょう。資金を運用すると、価格変動リスクや資金固定リスク等々様々なリスクがあって、値段が下がったり、場合によっては投資資金が吹き飛んだりすることがあります。なので、なくなってもいい、減ってもいい資金ですることが必要です。間違っても借金して投資案件を突っ込む、なんてことはないように。あとは、FXみたいに元本以上に損をする可能性がある案件は相当神経を使ってすべきでしょう。

あとは、おいしそうな話には注意。バカに見たい利回りがいい資産、というのはやっぱり怪しい。もし、そんなおいしい話があれば、その人がお金を突っ込むはず。人を誘うならやっぱり怪しい。まあ、遊び金ならいい、とも言えますが、この場合、詐欺師の資金となってしまうので、社会道徳としてそういうところにお金を出すべきではないでしょう。まあ、逆説的に生活が揺るがないけどそれなりに大きなお金をとられるとある意味勉強にはなるのでいいかも。

あとは、自分にとって、興味を感じること、面白いと思う案件をできる限り少額ずつしていく。これは、ポートフォリオを形成する、ということと、自分にとって勉強になったり話のタネになれば、資金運用プラスαのメリットがあります。あとは、自分と懇意にしている人が売っているもの(詐欺的な案件には注意ですが)を買うと、その人との人間関係も良くなる。通常、投資に回せるお金はそんなには、、なはずなので、資金運用以外のことも考えつつ、少しずつ投資に回していく、というのがいいでしょう。おそらく、時間が経てば、結構なポートフォリオに育つのではないでしょうか。

あとは、日本国内の金融機関から買うということでしょうか。外国で口座を作ったりすると、いざ、解約したりとか、問題が発生したりとかすると、非常に面倒です。解約だと現地に行く必要があることが多く、作った時はいいけど、あとの始末が大変。あと、利息も外国の金融機関だと総合所得扱いなので、一応、確定申告をしないといけない。あと、ネットで口座が見れないと、資産の状況がわからず、困ったりもします。当然に英語ができないとまずく、やっぱり大変なのです。

ということで、資金運用についてどう考えているか、思ったことを綴ってみました。これがベーシックな考え方で、どういったものをどういう観点で買っているか別途考えてみたいです。

未分類