時の経過とともに価値観は変わることと、それに対する戸惑いに対する一考察


時がたつ、ことにより色々なことが変化します。その中で、自分の置かれている環境、役割も変化し、それに内包される価値観や考え、というのも変わってくるでしょう。一方で、そういった変化を受け入れられない自分もいます。今回はそんなことをば。

時がたつと、自分の周囲の状況も変わるし、役割分担も変わります。それに伴い、自分がどうあるべきか、周囲との関係をどうすべきか、ということも変わってくるでしょう。例えば、会社の中で昇進すれば自分のことよりある程度は会社のほうに寄り添うようになりますし、結婚とかをすれば独身の時と比べ変わってくるところでしょう。

ですが、一方で自分固有の価値観、というものもあり、それの維持というのが難しくなります。例えば、多くの場合、昇進すると現場より管理が中心になりますが、人によってはいつまでも現場に出ていたい、ということがあります。結婚すれば、独身の時と比べ、自分の持つ自由が失われてしまう傾向がありますが、それが辛い、という人もいるでしょう。

おそらく、環境や役割の変化により、従前から持っている価値観がおびやかされる、そんな時もあるでしょう。その時、どうするかはなかなか難しいところです。おそらく、新しい環境や役割に対応すべく、柔軟に自分の価値観を組み替えるとともに、うまく既存の価値観も残せるようになれば、いいのかな、、と思いました。

人生のコツ/趣味