「いいものを作る」と「それを伝える」は車の両輪


かつては、いいものを作ったら売れる、ということがよく言われました。せちがらくなった昨今は必ずしもそうではありません。今回は、価値を作ることと、その価値の伝え方の関係について考えてみます。

いいものを作ってもそれを伝えないと

いいものを作ったら売れる、かつての日本ではそのように言われました。これは商売に限らず、ありとあらゆる価値のあるものについて同様で、異性に対する魅力、もこれに含まれます。

ただ、昨今はこれではだめで、その価値を伝えないといけません。つまり、いい商品を作ればその有無や魅力を伝える、異性もそうで自分のアピールポイントを伝える、ということが必要です。

伝えることにより、認知され、売れる(もてる)、ということになるでしょう。

伝え方をエレガントに

とはいえ、なんでもかんでも伝えればいい、というわけではありません。そう、エレガントに伝えていかなければなりません。押しつけがましくなることもなく、売り込むこともなく、しつこくなることもなく。

そうでないと、受け手のほうはこりたり辟易としたりして、かえって受付なくなります。これは、異性としてのアピールポイントもそうで、工夫なく伝えると嫌味な奴だと受け取られる可能性があるので、注意が必要でしょう。

まずは、作ることから

それと、伝える前提として、いいものを作っておくことが前提です。そもそも、いいものがない、という状態であれば、伝えるもへちまもない、ですよね。

もし、平凡なものやしょーもないものを「いいもの」として伝えてしまうのであれば、それは半分詐欺に近いものとなります。異性としての魅力も、嘘をついてはやっぱりだめで、備わっているものに焦点を当てる必要があります。

つまり、まず最初は価値を作りあげていく、上記の例であれば、「いいものを作る」であり、「異性として価値を磨く」ということになろうかと。

まとめ

というわけで、価値を伝えること、と、価値を作ること、というのは車の両輪で両方とも必要です。その他のポイントとしては、価値を「どう」伝えるか、と、「まず」価値を作ることから、なろうかと。

ビジネス