マネージャーは下からは優しく、上からは厳しくするよう、求められてしまう


人はどの立場からみられるかによって、評価が変わってしまいますよね。特に、マネージャーとして中間管理職に立つと上からの見方と下からの見方が異なる、ことがあります。今日はそんなところをば。

下の人から見れば、上司は優しい人、緩い人がいいですよね。あまりにも、がりがり言ってきたり、プレッシャーをかけてきたり、怒鳴ったりする人の下で仕事をするのは時として辛いこともあります。そんなこともあり、下の人というのは、穏やかかどうか、上司の一つの判断基準となったりもします。

これが、上から見ると違う見方のようです。あまりにも部下に優しすぎる、というのはよくないようですね。成果があがればいいのですが、チームとして成果があがっていなかったり、部下が好き勝手にやっていたりすると、「あいつは部下に甘い。」とか、「あいつは部下になめられている。」という評価がなされてしまう、ということがあります。この部下をどうコントロールしているか、ということは上からは割にシビアに見られているものです。

結局のところ、上と下からは相反するようなものの見方をされているわけです。で、どうふるまうか、といえば、バランスをとっていくことが必要でしょう。ただ、上のほうからは「態度」よりは「成果」を見られているので、部下がうまく動いていれば、OKというところがあります。そうすると、普段は温厚でいい人でありつつ、時としてピリッとし言うべきことはいい、規律を保てるようにすべき、ということになるでしょう。

人生のコツ/趣味