セミナーや研修に出たら、なにか、一つでもいいから後につなぐことをしよう!


自己の成長のため、自分の業務を円滑に行うために、研修やセミナーに出席する、ということがあろうかと思います。ただ、人によっては、研修やセミナーに出て、それで終わり、となってしまう、ということも多いようです。それは、ちょっともったいない、と思うので、今回はこんなテーマをば。

研修やセミナーに出たら、まず、その人の話をきちんと聞いて理解する、ということはいうまでもなく大切なことです。折角、時間やお金を使ってるのに、ボーっとしていて、話を聞きそびれた、というのはもったいないですよね。不幸にして、研修やセミナーの内容や説明が合わない、というあるので、そういう場合は内職をするなり、途中退席するのもあるのかもしれません。が、一義的にはきちんと話の内容を理解する、ということが必要でしょう。

とはいえ、研修やセミナーだと、往々にして「いい話だったな~。」で終わってしまい勝ちです。そうすると、話をした内容をそのまま忘れてしまったり、研修資料がほこりをかぶってしまったり、ということになってしまいがちです。

それを防ぐには、なにか一つでいいのでそのセミナーを受けて行動をしてみましょう。習ったことを業務や生活で活かす、が一番いいですね。また、聞いてきたことを友人や同僚に話す、でもいいかもしれません。また、そこで紹介された書籍を購入して、さらに勉強を進める、なんてのもありそうです。そうそう、セミナーや研修があると、それに懇親会が付随していることもあるので、そこで知り合った人とと関係を深めてみる、ということもいいですよね。

もちろん、人によっては、セミナーや研修の時に、To Do Listを作って片っ端からする、セミナーで目標を3つ設定しそれを達成する、という方もいます。セミナーや研修、時間やお金をつぎ込んでいるので、その投資を回収したといえるほどの成果を得るべく、行動する、という人もいます。もちろん、それができればそれをすることに越したことはありませんが、なかなか、最初のうちはそこまでするのは大変だ、とも思えます。

なので、まずは、一つでいいので、研修 / セミナーのフォローをしてみるところから、始めてみるといいでしょう。もし、あまり、そういったところに行ったことが無い方であれば、その前段として色々な場に出てみる、というところから始めてもいいのかなとも。

 

人生のコツ/趣味