やらなければよかった、、ではなくやったほうがいい


新しいこと、より踏み込んだこと、をした場合、うまくいかない場合、というのもあります。そうした時の心の持ちよう、を考えてみました。

やらなければよかった

新しいこと、より踏み込んだことをした場合には、うまくいかない可能性はフツウのことをするより高くなります。そして、失敗するとつい「やらなければよかった。。」と思うこともあるでしょう。そして、どんどん新しいことをしなくなってしまう、そんなこともあるかもしれません。やっぱり、失敗するのは結構ストレスにはなりますから。

そうなってしまうと

ただ、新しいことをしない、より踏み込まない、とすると、いつも同じようなことばかりしてしまいます。そうすると、失敗はない代わりに、特段変わったこともなく、いつもの日々が続くことになってしまいます。

やったほうがいいのだよ

というわけで、実際には新しい世界にどんどん踏み込んでいったほうがいくべきです。失敗した時には、つい、成功したときと比べてしまいます。どうしても、そうしてしまいがちですが、ここはなにもやらなかった時と比べてみましょう。そうすれば、一時的に失敗でダメージを負ったとしても、そこから学ぶことにより将来につなげることができるはずです。

人生のコツ/趣味