メガネをなくさず使い続けるためには


最近、メガネを買いました。実は、前回買ったメガネを無くしてしまったのです…..。しばらくは探していたのですが、なかなか、見つからず、結局買いなおしました。ここではその反省をふまえ、どうしたら眼鏡をなくさずにすむか、考えてみました。

少し話が変わるのですが、自分がかつての先輩と話していたときに印象に残っているやりとりがあります。それは、高額な腕時計をすべきか、すべきでないか、ということなのですが、僕が、「高額な腕時計を買って無くしたらどうするのですか?」と聞いたことがあり、その答えとして、「外で外さなければ、腕時計はなくならない。」という答えが返ってきました。その時は、つい、「はっ」となってしまったのです。

このこと、メガネでも当てはまると思います。実は、過去、2回くらい眼鏡を紛失していますが、いずれも、外で外していたから。家に帰ってきて、メガネがないことにきずき、その後、結構探したが見つかりません。やっぱり、「外ではずしてしまう。」ことが最大の紛失要因なのかと。僕の場合、メガネはPCをするときと、車に乗るときくらいしかないので、常時つけているわけではないのですねー。

実際どうするか、というと、やっぱり外すことと、外さないことのメリハリをつけることでしょうか。例えば、職場にいるときは、常時PCに向き合っているわけでなので、そうでないときもメガネをはずさない。逆に、職場から外に出ているような場合はメガネは極力せず、かばんの中にしまっておく。上記の例外をする場合には、メガネの取り扱いを慎重にし、無くさないようにする、と。いったんしたら、極力はずさない、ということが肝要です。まあ、自宅にいる場合は割とまめにつけ外ししていますが。

やっぱり、メガネのように身に着けるものはなるべくつけはずしせず、身に着けたままにするのがよいようです。今後は、ずっと持ち続け、長い友となれるよう、適宜取り扱うようにします。

人生のコツ/趣味