松本は夏といっても朝晩は寒く、どう対応するか


僕が住む、長野県松本市は標高が600m程度と結構高いです。そんな中で東京等の都市との違い、というというところをつらつらと書いていきます。

実は、夏の日中は結構暑かったりします。気温が30度を超えたりするところはあります。東京とかよりは、若干、ましかとは思いますが、日中の暑さ対策は意外と必要となります。

大きく違うのが、朝晩の寒さ、です。特に、明け方はかなりひんやりとします。東京の場合は、熱中夜ともいい、朝晩の気温はあまり下がらず、暑かったりします。ですが、松本の明け方は結構冷えます。

具体的には、夜はだいぶ涼しくなるのですが、朝ほどではないので、窓を開け放して寝てしまう、ということもあるでしょう。しかし、それだと、明け方になると非常に寒く、寒くて目が覚めてしまう、ほどです。この寒暖の差、慣れないと体調を崩す要因ともなります。

なので、夜は多少暑くとも、窓はなるべく閉めたほうがよい。そうすると、明け方はほどよくなっているでしょう。もし、寝際、暑ければ扇風機やクーラーのタイマーをかけておけば、夜は涼しく、朝はそれほど寒く無くてよいでしょう。

まあ、松本はクーラーはそれほどはいらないと思いますが。

二重生活/松本