雨が降ることから学ぶ、物事の見方


いい天気ですね、と言われたらどんな天気を思い浮かべますか?

大体は晴れ

いい天気、といったら「晴れ」を指すことが多いです。曇り空や雨のときには「いい天気ですね。」とはあまりいいません(少なくとも都心では)。特に雲がなく、すかっと晴れた時には「いい天気だな~。」と感じることが多いです。

本当に曇りや雨は悪い天気なのか

では、本当に曇りや雨は悪い天気なのか、、、というと必ずしもそうはなりません。夏、スカッと晴れると暑くてたまらないので、少しくらい曇っていたほうがいいですよね。また、雨があまりにも降らないと、水不足で、特に農家のみなさまも困ってしまいます。ということは、晴れは必ずしもいい天気ではないだろうと、いうことができそうです。

物の見方を変えると、

普段、悪い天気の代表例とされている曇りや雨も見方を変えれば、いい天気となりそうです。ここで大切なことは「見方を変える」ということだろうと思います。つまり、ものの見方を変えれば、いいことも悪くなるし、悪いこともよくなります。

———————————————————————————————————————-

【編集後記】

昨日参加したイベントは人もたくさん来てくれて大成功!準備したもののもほとんどなくなってほっとしています。

 

 

 

人生のコツ/趣味