中国語、日本人にとっては意外と勉強しやすい、ですよー


中国語、中国語を話す人は世界の中でも結構たくさんいるし、中国や台湾は日本から結構近いので勉強しよう、と考える人も結構いることでしょう。実は、日本人にとって中国語は案外勉強しやすいのです。今回は、そんなことを考えてみました。

まずは、文字。中国語の文字は基本的には漢字です。漢字、日本語でもあります。で、感覚的にだいたい半分以上の漢字について中国語における漢字と、日本語における漢字の意味が共通しています。

実はこれは大きなポイントで、アラビア語やタイ語みたいにまったく見たことが無い字については、まず、文字から勉強しないといけません。その苦労を考えると中国語の勉強のしやすさ、というのはわかるはずです。

次に、文法。これは、英語と同じく主語述語の順に並びます。この点は日本語とは違いますが、英語と共通している面があり、比較的受け入れやすく感じられると思います。あと、英語と違って時制や3単元のs、冠詞、というように微妙に単語が変化しそれをそれぞれ覚えていく、ということは少ないのでその点も苦労が少なく感じます。

さらに、ピンイン。日本語におけるローマ字のように、アルファベットで発音が表記されます。これがあることにより、発音がイメージしやすくなるとともに、パソコンに対しても、ローマ字入力のようにスムーズに入力することができます。

ということで、結構、中国語の勉強は、漢字を使っていることもあり、結構、容易ではあろうかと思います。確かに、中国語の勉強にあたっては、発音が難しく、これは大きな壁となり立ちはだかることもあります。とはいえ、勉強しやすい面もあるので、興味がある方は是非中国語を勉強していただけるといいのではないでしょうか。

海外事情/語学