マラソンの体験レッスンを受けたことと、やっぱ、先達はあらまほしきことなり


先日、自宅から少し離れたところにある、トレーニングジムでマラソンの体験レッスンを受けてきました。それが結構よく、色々なことについて勉強になったので、そんなことをば。

この間、トレーニングジムでマラソンの体験レッスンを受けてきました。そこでは、まず、レースから逆算してどういうふうに練習していくか、という話を聞いて、そこから姿勢のチェックと自宅でできるストレッチの方法について聞いてきました。マラソンをスムーズに走るためには、まずは姿勢をよくして、フォームをきちんとすることが大切で、それがないと、無駄に体力を使ってしまう、ということと、時間がなければとりあえずストレッチだけでもやっておいたほうがいい、ということです。

これを聞いて、実は目からうろこな気分になりました。もし、自分でマラソンの練習をする、ということになれば、まず、走ろう、という発想になります。そこで、フォームは気にするかもしれませんが、姿勢まで気にすることはないでしょう。そうすると、悪い姿勢のまま走ることとなり、結局、効率的な練習はできないことになります。やっぱり、独学だと、むずかしいですよねー。

そう、ここでのポイントは、マラソンのレッスンを受けたから、こういうことが分かった、ということなんですね。やっぱり、世の中にはプロと呼ばれる人たちはたくさんいるので、いきなり独学で始めるのではなく、まずはこういうプロの方から教えを請うたほういい、ということでしょう。吉田兼好法師も言うように、やっぱり、「先達はあらまほしきことなり。」なのです。

人生のコツ/趣味