目標の設定が人を成長させる~水泳を通じて学んだこと


最近、とある水泳大会に出ることを予定しております。その際に気付いたことを書いてみます。

水泳距離の増加

大会に出ようとすると泳げる長さが変わりました。例えば、従前は普通に500m~800m 程度泳いでいるだけでした。ところが、今回大会をでようと決意したことにより、もっと長距離を泳ぐようになり、今では最大 2,000mくらいは泳ぐようになりました。

泳法の変化

また、海で泳ごうとするため、水泳の方法が変わってきます。まず、平泳ぎはあまりよくないとされているので、クロール中心となります。また、海だとコースロープ等はないため、前を見る練習が必須となってきます。

変化した理由

どうして、このような変化が生じたかというと、やっぱり、「大会」にでる、という目標を設定したからです。つまり、目標設定により、自分の泳ぐことに対する取り組みが変わり、いつもより長距離を泳げるよになった、と言えます。

———————————————————————————————————————

【編集後記】

昨日は行きつけのバーで軽く飲んできました。今日も元気に仕事できそうです。

いつも色々な方にお世話になっており、本当にありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

人生のコツ/趣味