Skype Talkの勧め


最近、ブラジルにいる友人、ミャンマーにいる友人、関西にいる友人とSkypeで話をする機会がありました。Skype Talkもなかなかいいものだったので、少し、まとめてみることにします。

距離を気にしない

Skypeで話をすることの一番のメリットは距離が気にならないことだと思います。ネット環境が整っていれば世界中どこにいる人とでも話をすることができます。リアルに会うには、近くの町に住んでいる必要があるのですが、Skypeであれば近くに住んでいる必要はありません。

お金を気にしない

その次は、お金、がやはり多いと思います。やっぱり、Skype相互間の通話料は無料、というところが非常に大きいですね。電話だと通話料が発生してしまいます。また、リアルで会う場合には、どうしてもお茶や食事となり、それはそれで、お金がかかりますよね。Skypeであれば、自宅ですればいいので、特にそういった費用はかかりません。

時間を気にしない

これはリアルで会う時の比較ですが、Skype Talkだと時間を節約できます。つまり、どこかで待ち合わせるとなると、待ち合わせの場所に行く時間、待ち時間、待ち合わせからの移動時間等、結構、時間を使います。他方、Skypeであれば、自宅にさえいれば移動をする時間はほとんど使わないため時間を効率的に使うことができます。

気軽にかけてこられない

電話だと、自分に都合の悪い時間にかけられて、つい、おざなりな対応になってしまうことがあります。Skypeだと、最初に何時から話しましょう、ということを約しているケースが多いため、都合の悪い時間に突然かかってくる、ということがありません。そのため、電話と比べると、そういういらざる気を使わなくてもよくなるため、使いやすいといえます。

話が深くなりやすい

Skypeだとその性質上、1対1で話すことが多いです。また、それなりにmeetingのために時間をとっていることが多いため、深い話となる傾向が多いです。大勢で話をしていると、盛り上がって楽しい反面うまく話に入れなかったりすることも多いのですが、1対1だと話の内容/話をする分量等をお互いで調整することができます。

とはいえども、やっぱり会って話すことも捨てがたい

今までSkypeのメリットについて話をしてきました。そうはいっても、他のコミュニケーションについても色々とメリットがあります。特に、会って話すのは、視覚、聴覚、触覚、嗅覚といった感覚をフルで使える一方、Skypeだと、主に聴覚に頼ってしまう面があるので、コミュニケーションの質は会って話す方が高いとも思います。特に心のおけない友人(男女問わず)とおいしいものを食べながら持つ会話はなにものにも代えがたいものもあります。

それぞれの良さを勘案しつつ、最適なコミュニケーションミックスにできれば、いいのでは、と思います。まあ、Skypeで話す、という選択肢はあってもいいですよね。

 

人生のコツ/趣味