むしろ完璧「である」より、を「目指す」ほうを選択したい


完璧、この言葉憧れませんか?ぼくも、なんでも完璧にできるといいなー、とか、完璧であるべきだ、と思うことがあります。でも、あるべきは、「完璧を目指すこと」と、考えています。

完璧である、ということを意識しすぎると、ミスを恐れるようになります。なにか一つでもミスがあれば、その時点では「完璧」ではなくなってしまうから。でも、ミスを恐れると自分ができることしかしなくなるので、成長もないし、新しい世界も広がらなくなってしまいます。

それと、失敗して嘆く、という裏側に「完璧であらねば」という見えない信念があることがあります。そうすると、なにか一つ失敗したり、人になじられたりすると、精神的にダメージを負ってしまいます。そこを少し緩めて、「これを気に次から頑張ればいいや」と思えるようになると精神的に楽です。

じゃあ、まったく、完璧なんて思わず、そのままでもいいのか、、というとそれも異なるのでは。そのままでいいとなると、成長はなくなり、ずっとそこにとどまってしまいます。いや、停滞は衰退の始まり、といって、ほっておくとどんどん退化してしまいます。

じゃあ、どうするか、というと、「完璧」を目指して前進を続ける、というのがぼくの今の時点での解です。完璧を目指すことにより、成長を志向するとともに、ミスや失敗があってもその打撃を弱めつつ、よりよい一歩への原動力にできるのでは、、と、考えます。

人生のコツ/趣味