ゴールデンウィーク 北信濃ドライブ紀行


GW、いかがおすごしですか。私はというと、1泊2日でふらりと北信濃から松本にかけてドライブでちょこちょことまわってきました。これも案外悪くなかったので、そんなことをまとめてみました。

まず、5月2日から旅は始まります。その日は、平日、カレンダーどおりの休みだったので、働いていました。そして、就業終了のチャイムがなったので、手早く机の上を片づけていよいよ旅立ちます!まず、車に乗り松本インターへ。そこから1時間半程度で今回宿泊予定の野尻湖畔にあるLAMPに到着。チェックインを済ませてから夕食。ここは、ご飯がおいしいのです。食事風景はこんな感じ。これは、LAMBチョップですね。

 

 

ここで食事を済ましてゆっくりと休みます。ここはドミトリーなのですが、清潔感もあり、値段も安いのでふらりとやってきて泊まれるのがよいですね。

さて、次の日、朝は雨でした。ここに泊まったときは、朝はだいたい湖畔の周りを散歩するのですが、そのため、パス。で、朝ごはんをすませて出発進行。まずは、雨が降っているといっても、野尻湖を見るのは定番なので、車で町営駐車場に移動してそこからパシャリ。心なしか湖面も上昇しているような。

 

そこから車に乗って訪れたのは、飯綱町にあるワイナリー、サンクゼール。11時からワイナリーツアーをやっているようですが、時間の都合上パス。デリカでお土産用のワインとソーセージを買います。

 

そこから今度は小布施町に。小布施町では、岩松院で鳳凰の天井絵があったので、まずそれを見ました。そこから、近くのお土産物屋兼食事処でお茶を飲みます。そして、次が今回のメインイベント(?)である、ハウスホクサイへ。ちょこちょこ、Facebookのタイムラインにもあがっていて、興味があったところではあります。ゴールデンウィークもやっているということで立ち寄ってみることに。入り口はこんな感じ。

 

で、中は、こんな感じ。これはこれで、仕事や勉強がはかどりそうですよね。あまり、机とかぎっちりでなく、適宜、スペースがあるのも贅沢な感じがします。

 

さて、小布施を出て、そこから長野市へ。善行寺あたりを歩こうと思ったのですが、連休ということで人が多く、また、駐車場もなかなか、空いていないようなので、パス。

そこから、信州新町へ向かいます。信州新町、言わずとしれたジンギスカンの街。まずは、道の駅でランチ。そこでそばを食す、とともに、ジンギスカンを単品で頼みます。如何にも、ジンギスカン、という感じで悪くなかったです。

 

そこから、サフォーク牧場があるという、信州新町左右へ。場所はよくわかっていないので、ナビに入力してそこに向かいます。ナビに導かれるまま、向かいますと、、なんとそこは、、村だった。奥のほうにぽつぽつと人家はあるのですが、人一人外をあるいていません。まるで、隠れ里みたいで、あまり、ここに深入りしすぎると帰れなくなりそうな気がして怖くなり、慌てて引き返すこと。

 

そうそう、サフォーク牧場はこんな感じ。観光用の牧場ではないので、観光客は中には入れないようです。高台から眺めてみると、なにやら、羊らしき動物がうごめいています。また、ここまで、「めー」、「めー」という鳴き声が聞こえてきて、これはこれで、なかなかシュールな光景となっています。

 

一応、これで今回予定していた訪問地はほぼ訪問しました。後は、19号線で松本に帰るのみ。ですが、19号線は以前も通ったので、途中で飽きてしまい、別のルートをとることに。安曇野の真ん中を通ってくる感じですが、途中に通りがかった大王ワサビ農場で一休み。

 

ようやく、松本に到着。松本では、よくいく、books電線の鳥に訪問。ここは、古民家古本屋兼カフェのようなところです。

普段は甘いものはあまり食べないのですが、今日は一日中車の運転をしており、少しくたびれていたのでお汁粉などをいただきます。そこで少しのんびりしてから帰宅。これで、今回の北信濃ドライブ紀行は終了。おつかれさまでしたー。

 

二重生活/松本