久しぶりにやってみる~将棋をさして考えたこと


先日、久しぶりに将棋を指してきました。そのときの感想をいくつか。

久しぶりでもなんとかなるもの

実は、将棋を指すのは3年ぶりのことになります。というのは、東京に戻ってきてからというもの、駒に触る機会がなく、将棋を指すことがありませんでした。ですが、いざさしてみるとなると意外となんとかなるものです。

盤面に集中すると頭がすっきりする

これは、意外だったのですが、盤面に集中すると邪念がなくなるせいか、終わった後は結構すっきりしています。泳いだりしているときであっても、意外と考え事をしてしまいますが、将棋をさすことにより、意外と精神的にスッキリしたりもします。もちろん、将棋を指すことにより、疲れることもあるのですが。

友人との再会

今回は、以前将棋を指していた友人たちと一緒に団体戦をしました。その中では、久しぶりの人もいましたし、初めての人もいました。そういった形で過去の友人との再会を叙せるというのもいいことであります。

まとめ

というわけで、将棋を指すのは3年以上ぶりでした。意外と、以前していた趣味を再開してみる、ということも面白いものです。遠ざかっている趣味があったら、少し、やってみましょう。

—————————————————————————————————–

【編集後記】

上記の様に久しぶりの将棋大会。思った以上に楽しめた満足でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

人生のコツ/趣味