失敗の痛手から立ち直るためには


失敗した、思ったこと、多々あるかと思います。それから立ち直るためには、どうすべきか、考えてみましょう。

学びになった、、と考える

失敗する、やっぱり、落ち込んでしまいます。そうした場合、やっぱり、教訓になった、学びになった、と考えてみる。そうすることによって、気持ちも多少楽になります。その際のコツとしては、なにを学べたのか、具体的に分析してみることがおすすめです。やっぱり、紙に落としてみたほうがいいかと思います。

大失敗はしないようにする

やっぱり、大きく外してしまうと、それだけ精神的な苦痛が大きくなります。一方、大したことがない失敗であれば、「次、がんばろー」と軽く考えることもできるはずです。そのため、特に、不慣れなことをする場合には、少しずつ進めて、大きな失敗がないように、小さい成功や失敗を積み重ねることができるようにすることが肝心です。

未来を見るようにする

失敗すると、どうしても意識が過去のものになりがちです。ですが、ある程度の分析や振り返りをした後は、そこに意識を置いておいても仕方がないです。そうした場合は、未来をどうしていくか、フォローアップや案件終了も含めて考える必要があります。また、これとは別のことも徐々に動かしていく必要があります。

まとめ

人生生きていく以上、失敗することは避けられません。ただ、それを恐れてばかりいては、新しいことはなにもできません。うまく、「失敗する」ことと付き合っていきたいものですね。

—————————————————————————————————————————

【編集後記】

先日は、オーシャンスイム練習会に参加してきました。波が高く泳ぎにくかったのですが、いい練習になりました!

人生のコツ/趣味