人も自分も、なかなか、変われない。でも、変わろうするところに意味があるのだ。


自分の中で、「これは変えたいな~。」と、思うこと、色々とあろうかと思います。でも、そのことは結構難しかったりもするでしょう。そんなとき、どうするか、ということを考えてみました。

自分のことを変えたい、と思うこと、ありませんか?特に、考え方のクセ、みたいなものを変えるのはとても難しいです。ぼくの場合だと、なかなか意思決定できないこと、将来のことを想い煩うこと、過去をいつまでも引きずってしまうこと、があります。

本当は、もっと自分の考え方を変えたいと思うときあります。サクサク意思決定できるようになりたいし、将来のことは鷹揚に考えていたいですし、過去については引きずらず未来を向いていきたい、と思うわけです。

ただ、自分の考えというか、考え方のクセ、というものはなかなか直すことは容易ではなく、つい、以前の思考習慣にしがみついてしまいます。ぼくも、なかなか、上記にあげた考え方のクセはなおっておらず、時折自分のことを責めてしまったりもします。

ですが、自分がこうあるべき、ということを常に心に持ち、それに向かっていくことが必要です。もちろん、今までの自分の心の癖を無理に変えようとしても、それはそれで辛いだけでし、それに流されてしまうこともあるでしょう。でも、理想の心の状態を持ち、そこに向かって意識を向けることにより、あたかも船のへさきが変わるように徐々に心の行先が変わっていくはずです。

というわけで、自分の考え方や心の癖を直すのはとても大変です。ですが、繰り返しありたい方向を考えることにより徐々に心の在り方も変えることできるはずです。

二重生活/松本