人脈を作るには、むしろ同じ場所に居続けること


人脈を作りたい、という人、結構多くいるかと思います。そのため、色々なイベントや会合に顔を出す人もいるでしょう。ただ、しっかりとした人脈を作るにはそれだけでは不足で、継続的な関与が必要になるでしょう。

人脈を作ろうとして、色々なイベントや会合に顔を出すこと、もちろん大切です。そうすることにより、色々な人と会えたり、面白いこともあったりするからです。とはいえ、1回だけだと、表面的な話だけで終わってしまったり、浅い関係で終わってしまったりもします。結局、そこであっても連絡先を交換できただけで終わってしまう、ということも往々にしてあるところでしょう。

では、どうすればいいか。一つの策としては、「いいな」と思う集まりがあったら、顔を出し続けること。そうすることにより、そのイベントを主催している人や、良く参加するメンバーの人とも仲良くなれます。そうして、何回か顔を出していると、付き合いも深くなり、広く人脈とよばれるものが徐々に形成されてきます。

また、最初の会合だと、場の雰囲気に慣れず、固くなってしまう、ということがあっても、2回、3回と参加すると場に慣れてきます。そうすると自然に周囲の人とコミュニケーションが取りやすくなります。なので、初回は多少、緊張していて、うまくコミュニケーションがとれなくても気にすることはありません。とはいえ、うまくコミュニケーションがとれないと辛いのですけどね~。

とはいえ、自分が合わないな~、とか、これは違うな~、と思えば、そこに無理に参加する必要はなく、別の場所を探せばいいだけです。あくまでも、色々回ってみて、いいな、と思うところを深掘ればいいのかと。なので、そういったところに出会うまでは色々と廻ってみる、ということも必要でしょう。

居続ければそこにある関係はより強固になるとともに、関連する分野や人にも拡大していきます。なので、何回も顔を出す、ということが重要になってくる、かと思います。

人生のコツ/趣味