週末を、より有意義なものにするためには


週末、ややもすると流されて終わってしまいますせんか。もちろん、そういった過ごし方に幸せを感じる人はそれでいいのですが、他方として、「無駄に過ごしてしまったな。」と悔恨の想いにとらわれる人も多いことでしょう。そのため、週末をよりよく過ごすためにぼくがやっていることを少し綴ってみます。

まず、起きる時間ですが、平日より1~1.5時間くらい遅く起きるようにしています。いつもと同じだと、週末感、休み感がなくなってしまいます。他方、あまり昼まで寝てしまうと、やっぱり、時間がもったいなく感じてしまいます。そのバランスの中で、1時間~1.5時間くらい遅く起きるのがいいかな、、と思います。ちなみに、ぼくは普段は5時半に起きているので、週末は7時前後となります。その前提として、前日に深酒や夜更かしは避けたほうがいいでしょう。

次に、ある程度の予定を組んでおく。週末なにも予定がないと、結構のんびりしてしまい、だらだらしがちです。逆に、予定ぎっちりだと疲れてしまいますよね。なので、イメージですが、半分くらいはなにかしら外出する予定を組んでおくといいでしょう。ぼくは午前中は家での時間にするようにしているので、午後にでかけて場合によっては夜まで、というような感じにしています。

そしてそして、To Do Listを作る。休日に色々とやろうとしつつ、結局あまりできなかった、ということありませんか。これをやろう、あれをやろうとしていること、もしくは、休日中やらないといけないことをリストアップしTo Do List化します。To Do listのいい所はやろうとしていることが、可視化されるのと、リスト上進捗管理ができるので、内発的にやる気になります。

細かい点ですが、寝間着のままいない、というのも意外と大切です。どうしても、寝間着だとだらだらしてしまったり、外出するのが億劫になってしまったり。なので、起きて食事とかが済んだら、パッと着替えてしまいましょう。

後は、週末の最初のほうに、掃除とか片づけとかを入れておくといです。まず、体を動かすことによりぼんやりした体に少しずつ喝が入ってきます。また、部屋も片付くので気分もよくなる。

というわけで、週末のすごし方を以上のようにまとめてみました。ぼくの週末の過ごし方としては、「普段よりはのんびりするけど、のんびりしすぎない。」というのがあるので、こんな感じのすごしかたです。流されないようにするためにどういう手が打てるか、、という観点で書いておりますので、是非に参考にしてみてくださいー。

 

 

人生のコツ/趣味