英検準1級勉強記 (3)~語彙の勉強


英検準1級、以前過去問を受けた時に、やはり語彙の問題が難しく感じました。そのため、語彙の勉強に少しフォーカスを当てるようにしております。こちらについて少し書いてみます。

語彙に関する問題の特徴

英検準1級の問題の中で最初に語彙の問題が出題されます。英検準1級の特徴として、出題されるテーマに色々と幅があることが大きな特徴です。語彙についても、広範囲にテーマが設定されております。具体的には、政治、法律、経済、ビジネス、日常生活、文化、芸術、教育、学問、ニュース等です。普段使わないような語彙が多く、結構、問題を解くとできなかったりもします。

TOEICとの違いだと、TOEICだと、日常会話やビジネスにフォーカスがあたっていること、と語彙と文法が同じセクションで出題されていることがあります。

勉強方法~テキスト

試験問題を解きながら、語彙を習得していく、というのがやりやすいかと思います。そのため、問題集を購入して繰り返し解くようにいたしました。その際、できた問題にはマークをしておいて、できなかった問題を重点的にするようにしています。そうすることにより、苦手な単語についてより多くの時間をさけるようにしておりました。

ちなみに利用したのは以下の教材です。

勉強方法~アプリ

また、単語についてはスマートホンのアプリを利用して、通勤時間中でも勉強できるようにしています。今回使っているのは、「出る順で最短合格!英検準1級」というものです。ここでは、英検準1級で出題が多いとされている単語、熟語 1,380程度格納されています。単語帳形式で、単語があって、そこをクリックすると意味、発音、例文が見れるようになっております。問題としても解くことができるので、私はもっぱら、問題を解くことを通じて勉強するようにしています。

まとめ

今回は語彙の勉強法について書いてみました。単に、単語を覚えようとすると結構辛いので、問題を繰り返し解きながら覚えていく、という手法をとっております。こちらのほうが暗記するという感じにはならないため、自分ではやりやすく感じます。参考にしていただければ、とも思います。

海外事情/語学