独立・起業したときの最初のゴールは、「好きな人と仕事ができる。」こと


起業する、独立する、自分で商売を始める、こういう場合、ゴールをどこに設定するのでしょう。もちろん、遠大な構想や目的がある人はそれを目指せばいいのですが、そうでない場合も多いでしょう。今回は、そんな独立・起業のゴールをどこにおくか考えてみました。

まず、一番最初に考えるのが、「飯を食っていく。」ということです。確かに生活が安定していなければ、それこそ、なんのために独立・起業したかわからないですよね。

ですが、それだけでいいのか、、と言われると必ずしもそうではないでしょう。むしろ、「飯を食っていく」だけなら、会社員のままのほうが安定もしているしよっぽど楽ですよね。

じゃあ、どこがいいのか、というと、独立・起業した時は、お客さんもそうですし、一緒に仕事をする人も選べる、ということが一つのポイントです。会社員でも成果を上げていればそれは可能な面もありますが、やっぱり、組織の一員である以上、むずかしいところがあるでしょう。

ですが、全ての独立・起業した人が人を選べているか、というとそうでもない。生活やビジネスのために気にくわない人とも、一緒に働いている、というのも結構あったりもします。

どこに違いにがあるのか、というと、やはりサービスの品質であり、見せ方によるところが大きい。お客さんのほしい、と思うものをきちんと見せることができれば、頭を下げてでも買いに決ます。そこまで到達できれば「気にくわないやつには売らず、好きな人とだけ商売ができる。」ということがあります。

なので、独立・起業した時の一つのゴールとして「好きな人と働く」があるかと思います。これは簡単に見えて結構ハードルは高い目標ですが、まずはこれを一つのゴールとするといいでしょう。

ビジネス