未来はわからず、過去は変わらない、ならば明るく肯定的に考えてみませんか?


どうしても未来も過去もマイナスにとらえてしまう、そんなことありませんか?僕自身は、割と悲観的に物事を考えるタイプなので、そういう風に考えてしまうことも多いです。ですが、そこをもう少し明るく考えてみましょう。

将来のこと、ある程度、予測がつくこともありますが、そうはいってもどうなるかわかりません。もちろん、いいこともあるし、悪いこともあるでしょう。上り坂、下り坂、まさか、というように、予想もしないことが起こる可能性もあります。それに対し、明るく考えることもできるし、暗く考えることもできるでしょう。ですが、未来を明るく考えれば希望をもって今を生きることができますし、他方暗く考えれば今は不安に満ち溢れたものになります。

一方、過去の話。うまくいった、ということもあれば、失敗した、ということもあるでしょう。また、災難にみまわれて、一瞬のうちに仕事・生活の内容が一変してしまう、ということもあるでしょう。この場合、過去を肯定的にとらえることができれば、今をそれで支えることができます。ですが、過去を否定的にとらえると、「どうしてこんなことをしてしまったのか。」、「なんでこうなってしまったのか。」という悔恨にとらわれ、その想いが今にも波及してしまいます。

結局、人にとっては、未来はわからず過去を変えることができません。それなら、未来を明るく、過去を肯定的に考えた方が、今にとって与える影響は大きいです。結局、人間は今を一生懸命、楽しく生きて、それを積み重ねることによってしか、いい人生を作ることはできないのですから。

海外事情/語学