感情をふかぼると自分の隠れた価値観が見えることがある


感情の動き、時として、なぜそう感じているか、自分でもよくわからないことがあります。そんな時、少しその感情を深くほってみるといい、とういのが今回のテーマです。

自分が、理由はわからないのに、特定の強い感情にさらされることがあります。例えば、怒りであったり、悲しみであったり、いらだちであったり。その感情を感じている理由が明確な時はそれでいいのですが、時として不明確な時もあります。

例えば、とある人とあって話をすると、どうも話がぷつぷつきれてしまい、ぎくしゃくとした感じになってしまう。その人は愛想もいいし、きちんとした人なので、自分としてはどうしてそういう感情をいだくか少し考えてみる。そうすると、どうも、その人の潜在的に持っている価値観と自分の持っている価値観が違う、ということがあり、しっくりこなかった、ということがあります。

あとは、とある言動を受けてなぜかわからないが怒りを感じる、というのも、やっぱり、心の奥底に怒りを引き起こすような価値観が眠っていることがあります。

このように、なにかしらで感情が動いたときは、そこを考えてみると、自分の隠れた価値観を見つけることができます。その価値観を見つけると、それが今後の生きるための指針になることもあるでしょう。また、その価値観が現在の自分にとって望ましくないものならそれを修正することもできるはずです。そういった可能性も含めて、感情から価値観を見出すことをしてみたい、今日この頃です。

人生のコツ/趣味