台湾街歩きの記(2) ~松本ー台北 それと故宮博物院訪問


今回から、台湾の街歩き記を書き綴っていきます。まずは、最初の松本~台北までを、それと故宮博物院に行く道のりをとりあげます。

まずは、松本から台北までの道のりを。まず、松本駅を8時にでます。それから、あずさ/成田エクスプレスを乗り継ぎ12:00頃に成田空港到着。空港では、普段だとスムーズにチェックインできるのですが、やはりお盆、ということでやや時間がかかりました。で、空港発が14:30現地についたのは、現地時間の17:00半頃です。最終的にホテルにチェックインしたのは19:00頃、、。時差が1時間あることを考えると松本駅からチェックインまで12時間(!)。移動だけで1日を使ってしまった感じで、もう着いたときにはヘロヘロポーン。

ホテルにチェックインしてから、軽く夕食を済ませるとともに、少し散歩します。気候は非常にむしむしして、東京より暑苦しい感じ。でも、建物の敷地内に入ると涼しく感じるのは南国だからか。。街の様子はこんな感じ。そうそう、コンビニはセブンイレブンが強いです。ファミリーマートもあったかな?疲れていたので、その日はすぐに眠りにつきました。

さて、翌日、どこへ行こうか、、、。というところですが、故宮博物院に行こうかと。というのは、10年くらい前にここに来たことがあったのですが、その時は、改修工事とやらで満足に見れなかったので、もう1回見に行こうかと。

ヘイ、タクシー、では街歩きにはならないので、公共の交通機関を使っていくことに。地球の歩き方によると、MRTの士林駅からバスが出ているようなので、まずは士林駅をめざすと。で、MRTというのは簡単にいえば地下鉄。台北の街は結構MRTがはりめぐらされており、どこに行くにも結構便利です。東門駅から士林駅へは淡水線という路線で一本で行けるので、そこに行きます。運賃は30台湾ドル。日本円で約100円。で、地下鉄の改札や、地下鉄の風景はこんな感じで。

士林駅からは、バスに乗って故宮博物院を目指します。どきどきしながら、向かったのですが、割と乗換はスムーズでした。台北のバスは日本のバスと同じでバス停に名前がついています。これは乗りやすい。それと、故宮博物院は終点で、そこで降りる人が多い、ということもあり、割と安心して乗っていられました。途中、乗車賃がわからず、乗り合わせた女の子に聞いたのですが、バスの運転手に確認してくれて、その心遣いが少しうれしかったです。バスとその中の情景はこんな感じ。この下車鈴は日本でもよく見るところですよね。

で、ようやく故宮博物院に到着。ここは、3階建てでそれなりに大きい、、です。宝石や銅器などの、お宝的な展示物がおおいなー、という印象です。写真だと、こんな感じのスケールになります。

これで、故宮博物院をみて二日目午前中の日程を終了。次は、2日目午後のお話です。

海外事情/語学