イタリア街歩き記⑰~ローマ/ベネチア スーパーマーケット潜入記


結構、海外のスーパーマーケット、入ってみると面白いものです。ここでは、おそらく、イタリア全土にあるであろう(多分ですよ)Coopというスーパーがあるので、今回はそこについて。

Coopというスーパー、ベネチア本島、ローマテルミニ駅前、ムラーノ島のそれぞれにありました。若干の違いはあるのですが、雰囲気は似通っているので、一遍に取り上げることとします。自分自身は食文化に興味があるので、食べ物中心となります。

まずは、肉。イタリアやっぱり肉食文化だけあって、肉のそろいは充実しています。生肉、加工肉、のともに、かなりの充実でしょうか。

もちろん、魚介もあります。とはいえ、ベネチア/ムラーノであっても、魚より肉のほうが充実している感じです。おそらく、ベネチアで海鮮を食べるのは、観光客のほうで、意外と地元の方は肉のほうが好きなのかもしれませんね。

そして、色とりどりのフルーツや、野菜たち。こんな感じで、フランスやドイツもそうでしたが、イタリアでもフルーツや野菜に対しては包装は少ないです。ただ、気持ち、ベネチアやムラーノと比べると、ローマのほうが包装がきちんとされているかもしれませんが。

もちろん、イタリアだけに、チーズ、ワイン、トマト、オリーブオイルという食材も多々見られます。ここでは、チーズとワイン売り場の写真をあげておきましょうか。

あとは、デリのように、お惣菜も売っています。これは、ベネチア(か、ムラーノ)でとった写真ですが、ローマだとパックに詰められて売っていました。

あとは、意外とびっくり、しょうゆも売っていました。もう、しょうゆは日本だけではなく、どこででも売っている、そんな感じです。

あと、少し記憶に残っているのが、ベネチアのスーパーで、観光客と思しき人が酒やらスナックやらをスーパーマーケットで買い込んでいたこと。確かに、ベネチア、物価も高いし、食べ物は特に高いので、その気持ちはよくわかりますね~。

海外事情/語学