その困難がどんな明るい未来を運んでくるか、考えてみよう

座右の銘、というか、人生に勇気を与えてくれる言葉、いくつも持っているといいですよね。その中の1つを共有します。

それが、表題にもある、「その困難がどんな明るい未来を連れてくるか」ということです。

困難にぶち当たると、やっぱり、辛く感じてしまいますよね。困難が大きければ大きいほどに、しんどく辛くなってしまいます。そういう時に、「なんで、こんな目に合うのだろう。」とか、「あー、ついていないなー」とか、否定的な言葉グルグルとまわってしまい、ますます辛くなってしまいます。

そうした時に、この言葉を心の中で唱えてみる。そうすると、その困難によって得られるいいことが頭に浮かぶようになります。

困難によりもたらされることとしては、それを乗り越えることにより得られる成長、だったり、乗り越えるための知恵、というのもあるでしょう。友人や仲間と困難に立ち向かったなら、人間関係がより深くなる、ということもあります。上海で一緒に働いていた人はまさに戦友とよんでもいい、くらいの中になりました。

で、実際、困難のさなかにいると、つい否定的にかんがえるものの、なんとかなってしまう、ということも多いです。ですので、いたずらに不安に陥るよりは、不安によりもたらされる明るい未来を想像すれば、否定的な考えを消し去ることはできないまでも多少は心も上向いてきます。

ということで、困難を感じた時は、明るい未来を考えてみる、そうするときっと精神的にも実際にも道が開けてくる、はずです。

未分類