素直さは大事、でも、人はなかなか素直になれないものでして

Pocket

素直であること、これは、人間関係を円滑に進めるためにも、また、自分自身が成長していくためにも必要なことだと思います。とはいえ、素直になるのは結構難しいもので、、、。

素直な人というのは、人に好かれます。なにかしら、アドバイスした時や注意した時に、「はい、わかりました。」と言ってくれる人は、相手にしていて好感がもてます。逆に、なんでもかんでも反発されると、「もう、いいよ。」とつい言いたくなってしまう、そんなこともあるでしょう。

また、素直である、ということは、人を成長させる契機になります。人が意見をするのは、自分に足りないところがあるから。そこを人の意見をとりいれて、改善させていけば、成長していくことになります。

とはいえ、素直になる、ということは結構難しい。やっぱり、人は上からものを言われると、つい、「かちん」ときてしまうもの。特に、それが、自分のコンプレックスにかかるものだと、なかなか、受け入れることができません。それとともに、自分の中のこだわりや価値観を鑑みて、どうしても受け入れられない、ということもあるでしょう。自分のやり方や考え方が確立されるとどうしてもそこを動かしたくはならなくなるものです。

では、どうするか。一つは自分の意識を「素直になること」に向けてみること。そうすると、少しは素直になることでしょう。それと、「この人は信頼できる。」という人のいうことは素直に受け入れてみること。あと、人間関係論的には、かちんときても、表面上は素直をよそおう、というのも大切でしょう。特に、人に相談にきて、アドバイスをしたときに、「それ違いますよ。」と言われると結構、いらっとします。もちろん、「ちがう」こともあるのですが、それは表面に出さないほうがよさそうです。

人生のコツ/趣味