一人会議の勧め (3)~一人会議のアジェンダとは

Pocket

一人会議、若干、以前書いてから日が経ちましたが、もう少し、深く考えてみましょう。今日は、一人会議でのアジェンダについてです。

将来のこと(4年~5年先)

まずは、将来のことを考えてみましょう。例えば、仕事のこと、家族のこと、住む場所のこと、故郷のこと、交友関係のこと、等々があります。おそらく、普段の生活ではなんとなく気にはなっているものの、具体的に考える機会は少ない、と思います。そのため、1人会議では少し多めに時間をとって、このようなことを考えてみるのもいいでしょう。

将来のこと、現実的であるよりむしろ、こうありたい、ということを書くといいです。ありたいことが必ずしもすぐに達成できるわけではありません。ただ、このような目標が灯台のように目標を照らしてくれるのでは、と思います。その時は願望にすぎなくとも、時がくれば満ちる場合もあるので、将来の姿を持っておくといいでしょう。

過去を肯定的に振り返る

半年~1年くらい前のことについてさかのぼって考えてみます。この時、どちらかといいことや達成できたこと、を書いてみるといいでしょう。これを書いてみると、なんとなく、将来のことにつながったりします。また、過去の自分をふりかえることで自尊心が回復します。

半年先のこと

ここで、うってかわって、現実に目を向けましょう。そうすると、当面しなくてはならない課題があります。まず、それを整理してどう進めていくか考えます。これだけでも、なんとなく頭に入っていたことが、整理されるようになりますので、効果的です。さらに、可能であれば、上で記載した将来のことについて、それとはかかわりのあるようなこと(最初の1歩でいいと思います)を To Doとして自分の予定に落とし込む、ということでもいいのかと思います。

その他

その他、いつもなんとなく気になっていたことを整理しましょう。私の場合は、一人会議の中で思いついたブログのネタや、今度のコンサルでの質問事項をまとめたりしました。意外と意識してみると、一人で考えたいことはいくつもあるものです。

まとめ

1人会議、だいたい将来~過去~現在(少し先の未来)を考えます。こうすることによって、今どんなことをすべきか明確になるような気がしております。

 

 

 

人生のコツ/趣味