一人なら朝、人といるなら夜

Pocket

私は結構早起きなほうなので、早起きをしよう、的な話をすることが多いです。とはいえ、早起き、万能ではなく、向かないときや状況がある、ということを記しておきます。

たしかに一人の時間をとりたい、というときは早起きが有効です。朝は邪魔も入りにくいですし、周りにあれこれ言ってくるひともいない。結構、集中できる時間がとれるので、一人で勉強する、運動する、ブログを書く、ということをするには最適ですね。

その代り、人と何かをする、というときは、夜のほうがいい。やっぱり、朝から吞む人もいないですし、朝は通勤や朝の支度をしている人も多いでしょう。また、早起きの人であっても、朝は自分のために使う、という人もいます。なので、接待やイベントを楽しむ、というのであれば、やっぱり、夜になります。

じゃあ、使い分ければ、ということですが、朝と夜、両方充実させるのは結構難しい。朝、早起きをしていると夜も早く眠くなります。他方、夜、イベントやら飲み会やらで遅くまで起きていると次の日の朝が辛いです。夜と朝を混ぜると体のリズムが崩れやすくなります。

これをどうするか、というと、うまくバランスをとっていくのだろうか。夜遅くまで遊んでいたら、朝早起きはしない、とか。逆に、夜はある程度早目に切り上げて朝に備える、とか。または、一人の活動、人との活動をどちらかに寄せる、ということもあるでしょう。朝なら、朝活やSkypeでのセッションをして人と触れ合う。逆に、夜に一人の時間をとる。そんな感じでうまく両方のバランスをとることが必要なのでしょう。

人生のコツ/趣味