そのブログ、誰のために書きますか?自分のため vs 人のため

Pocket

先日は、友人の開催するブログセミナーに参加してきました。その際に、ブログは誰のために書いているのだろう、ということが議論になったので、ここで書いてみます。

自分のために

自分のためにブログを書く、これも一つの在り方だと思います。特に、誰かに読んでもらう、ということを意図するのではなく、あくまでも自分のために書いている、ことです。例えば、ブログを書く、ということは、思考や経験の整理/保存に役立ったりしますが、これなんかも自分のために書いていることのメリットでしょう。

他方、自分のために書いていると、時折、ブログを書いている意義が見えなくなります。時に、「毎日書く」ということをしていて、ネタに詰まったり、疲れていたりすると、「もう、やめようかな~。」と思ったりすることもします。ビジネス以外でブログを書いている人とも話す機会があるのですが、意義については悩んでいる人は多いようです。

人のため

今度は、人に読んでもらうために書く、ということについて考えてみます。読んでもらうためには、テーマを絞ったり、内容を選んだり、文体を考えたり。ただ、漫然と書くのではなく、狙いをもってブログを書いていく、ということをする。特にビジネスで利用する場合には、人に読んでもらうことが大前提となるので、そういった配慮が大切になってきます。

ただ、人のために書くとなると、書く負担は結構大きくなるし、また、書きたいことが書けない、ということもあるので、どうしてもある程度の制約はでてきてしまいます。

両方が交わると

やっぱり、ブログを書いていて理想的なことは、自分のため、人のため、の両方が必要かな、と思います。つまり、自分で書いていても楽しい、人も読んでくれる、となると、ブログを書く、ということがうまく回るようになります。どちらか片方だと少し辛いかもしれません。

まとめ

やっぱり、ブログは自分のためにも人のためにもなるのがベストです。ただ、結局、書くことに自分の意義が見いだせればそれでもいいので、自分のために書く、ということも決して悪いことではないとも考えます。

人生のコツ/趣味