秋、お祭り的なイベントを類型化してみると

Pocket

秋、色々と催しものが行われる季節になりました。その背景やどんなイベントがあるか考えてみました。

「秋」にお祭り的なイベントが多い理由

秋、地域ごとが行われることが多いです。そこには、いくつかの要因があります。まずは、天気。暑くもなく寒くもなく、割と晴天に恵まれることが多いです。それに、春だと花粉が飛んでいますが、秋はあまり花粉は飛びませんよね。後は、秋というのは、収穫の秋、ということで、もともと、お祭りが多い時期でもあります。なんとなく、祭りシーズンなので、なにかしたくなる、という人間心理があるのでしょう。

というわけで、秋にはイベントが開催されることが多くなります。

市民が運営参加するイベント

市民が運営し、参加するイベントが多いです。例えば、音楽が好きな人が演奏をしたり、有志で露店を出したり。こうすると、参加意識が高まるので、やっている方は結構楽しいです。また、近所の知り合いとかが参加しているので、仲良くなりやすいです。とはいえ、やっている人はアマチュアだったりもするので、レベルはそれほど高くない、ということもあります。

プロも参加するイベント

音楽祭、にしろ、屋台にしろ、プロの人や料理店の人が開催する場合があります。そういう場合は、出されるもののクオリティーは一気に高くなります。ただ、謝礼が必要、とか、プロならではのこだわりがあるので、運営自体は結構難易度があがります。あまり、高くするとイベントの集客に響くので、趣旨に賛同してもらい謝礼を押さえるとか、スタッフにボランティアを活用するということで、乗り切っていることが多いでしょう。

まとめ

秋、色々な催しごとが行われます。その時の行われることをふまえて、楽しみたいものです。

人生のコツ/趣味