「決める」を「決める」ということ

Pocket

先日、自分のメンターと話をしていたとき、「やっぱり、決断が大事じゃないすか。」という話になりました。

決めないことの弊害

人間は弱いもので決めなくてもいいことはそのまま決めずに残してしまうことがあります。ただ、決めずに残してしまうとそのことがずっと頭に残り続けることになってしまいます。そうすることによって、なんとなく鬱々とした気分になってしまい、なかなかすっきりとした気分になることはできません。

早く決めても、時間をかけても結論は同じ

結構、自分は決断は最後まで粘ることが多いです。ただ、振り返ってみると、ぱっと決めて残りの期間準備することと、ぎりぎりまで決断を渋り最後までひきずることの決断の結果は実はあまり変わらなかったことも多いです。

はやくはやく決めていく

そんな時に、できるだけ早く早く決めていく、ことが必要です。とにかく、決めて決めて頭の中の滞留案件リストを軽くしていくこと、そうすることにより、よりすっきりとした気持ちを持つことができるのでは、と思います。

とりあえずは小さな決断からをひとつずつ

そうはいっても、いきなり、なんでもかんでも即断即決というのもなかなか難しい話です。そのため、まずは小さな決断から一個ずつ積み重ねていくようにします。そこから、大きな決断をスパッとできるようになるといいですね。

まとめ

やっぱり即断即決はかっこいいですね。それができるように修行を重ねていきたいです。

 

 

 

人生のコツ/趣味