会社における10万円と個人における10万円は価値が違う

Pocket

10万円、枚数でいえば、1万円札が10枚、1000円札であれば100枚となります。10万円といえばだれにとっても価値は同じように思えますが、必ずしもそうではありません。

個人にとっての10万円、というのは、結構、高いと感じる人は多いと思います。特にプライベートにおける支出で10万円というと、結構、悩む人は多いでしょう。結構、お金があっても、やっぱり、こういう感覚にとらわれるものです。

他方、会社にとってどうですか?売上が10億円くらいある会社であれば、そこの10万円というとそれほど大きくは感じないでしょう。だって、売上高に対する比率は1万分の1ですよね。

それと、会社の場合は費用対効果で、10万円だしたとしてもそれ以上に効果が得られれば損にはならない、ということがあります。これは、個人事業主でも変わらないのですが。

この辺の感覚をうまく使えばスムーズなビジネスができるし、逆に足を取られることもあるでしょう。例えば、同じ10万円のコンサルでも個人に売るよりは会社に売った方が買ってもらいやすい。逆に、個人の感覚で会社を経営すると、ありとあらゆる費用が高く見えてしまい、結果として木を見て森を見ずとなってしまうこともあるでしょう。

このように、会社と個人では、お金に額に対する価値が相対的にことをふまえると、スムーズにビジネスができるようになるのでは、と考えております。

未分類