毎日、ブログを書くための方法論~同じネタから複数のブログを作るために

Pocket

毎日、ブログを書いていると、ネタが尽きてしまい、書くことに悩んでしまうことがあります。以前取り上げたネタでも、工夫をすることにより、新しいネタとしてブログに書くことができます。ここでは、そのための方法論をとりあげてみます。

スコープを変える

まずは、スコープを変えてみること。ブログを書くときは、大きい視点から書く場合と詳細を書く場合の2パターンがあると思います。そういった場合、大きい視点から書いているケースであれば、より、書くべき事項を絞ってみる、ということができます。

例えば、以前に水泳を始めよう、というブログを書いており、ポイントとして一人で泳ぐ、人と泳ぐ、大会に出るということを書いていた場合、今度は大会のことを詳細に書いてみる、ということがあります。あとは、習慣化という大きなことについて書いたら、別の機会には早起きという具体的な習慣について書くということもあります。

切り口を変える

同じテーマでも切り口を変えてみる、ということが一つポイントとなります。つまり、テーマは同じだけれども、見る視点を変えて、別の内容のものに仕立てる、ということがあります。

過去にDVDのJulie & Juliaのレビューや、映画の幕が上がるのレビューを書いたことがあります。その際、Julie & Juliaの場合は、内容のレビューとブログ書き方論を、幕が上がるの場合も内容のレビューの他、特定の登場人物に焦点を当ててみたりしました。

このように同じテーマでの違う内容のブログを変えることができます。

時間軸を利用する

同じことを異なった時間軸で書く。これは、あることをとりあげて、しばらく後でもう1回振り返ってみる手法です。これはよく習慣化のようなテーマで使われる手法となります。例えば、早起き生活を始めて1か月後の状況と、半年の状況を書いてみる。半年後に書かれることは1か月と比べた場合の変化、ということが主たるテーマとなります。このようにしばらくたってから振り返るということも一つの手法となります。

まとめ

このように、同じテーマであっても、スコープ / 切り口 / 時間軸を変えることにより、違う内容のブログを書くことができます。ブログのネタが詰まりがちな方はこのような手法で書いてみたらいかがでしょうか。特に毎日書く人はこのような手段をもっていると、ネタが困った時にしのぐことができます。

人生のコツ/趣味